ひとの感性をとらえ、価値あるものづくり・サービスづくりに貢献

リサーチで見つける
リサーチで確かめる
リサーチで次へふみ出す

私たちは、ユーザーが感じることを科学的にとらえ、ユーザーの生活や心を豊かにするものづくり、サービスづくりを支援する会社です。

会社名株式会社ジャパン・ダイレクト・リサーチ
(英語表記: Japan Direct Research Ltd)
代表取締役中野 教子(なかの のりこ)
所在地東京都千代田区神田錦町3-21
事業内容
  1. マーケティング・リサーチ及びコンサルティング業務
  2. 出版物の制作及び販売
  3. 人材教育並びに研修の企画及び実務
  4. 上記に関連する一切の業務
Japan Direct Research
主な業務実績
日本の市場規模調査(英語)
  • 有機認証に関する市場規模調査
  • 健康食品に関する調査
  • ペットフードに関する調査
定性・定量の消費者実態・イノベーション創出調査
  • 生活習慣病に関する生活実態調査
  • イノベーション創出のためのお茶の受容性調査
  • 消費者による製品の官能評価
  • 白物家電に関する調査
コンサルティング・ワークショップ
  • エキスパート官能評価パネル導入
  • 従業員パネルの導入サポート
  • 定性リサーチスキルアップワークショップ
  • エンジニア向け消費者リサーチ術セミナー
  • 実践マーケティングリサーチ活用セミナー
  • 外国人向けリサーチワークショップ(英語)
代表取締役 略歴

大阪市立大学生活科学部卒業、英国ダラム大学ビジネススクール卒業(Durham University Business School)経営学修士(MBA with Distinction)。

プロクター・アンド・ギャンブル・ファー・イースト・インクにて主に官能評価(Sensory Evaluations)および消費者調査に従事。日本ロレアル・リサーチ&イノベーションセンターにおいては、コスメティックス全般の機器評価、官能評価、消費者評価等を担う製品評価部を統括。また、新生銀行においてもリテール金融マーケティングリサーチ業務全般に従事。国際的なビジネスの視点で、生活者を科学的にとらえることに経験を有する。ESOMARメンバーとしても広く活動。2014年&2016年ESOMAR APACプログラム委員。英国のThe Market Research Society(MRS)メンバー

中野教子

中野 教子